5
6月

足下を見る

 足下(あしもと)を見るとは、相手の弱みにつけこむことです。基本的に恥ずべきことですが、男女間では結構あるようにも思います。
 
 熟女の色香に惑ってやに下がっていると、高価なプレゼントをねだられたり、月々一定額のお手当てを求められたり。もちろん、すべての熟女が男の足元を見るという意味ではありません。
 
 恋愛においては惚れた側に弱みがあるのは確かで、飲み屋の女の子たちは男の下心を上手く利用して、巧みに惚れさせる一方で焦らさせながら、そこに通いつめさせるようにしますよね。
 
 逆に、男の側が熟女の足元を見るというケースもあります。良家の奥様と関係を持った男が悪い奴だと、不倫の証拠を盾に関係を続けるよう求められたり、最悪は強請られたり。
 
 そうならないためにも、相手の社会的な立場や人間性をよく見た上で、深い関係になっていいかを判断すべきでしょう。